〜目次〜
定期保険の目的と加入のポイント
定期保険の特徴
定期保険をお勧めしたい人
定期保険をお勧めしたくない人

定期保険の目的と加入のポイント

決まった保険期間内に被保険者が死亡または高度障害になった場合、遺族に保険金を残すのが目的です。定期保険に加入するにはいくつかのポイントがあります。

保障期間と必要保障額を考える

定期保険加入は、保障期間を何年にするか、保険金額をいくらにするかが最大のポイントになります。保障期間は自分の子供(末っ子)が独立する時までとするのがもっとも一般的です。

長期にするか自動更新にするか?

自動更新は更新のたびに保険料が高くなりますが、最初の保険料は安くなります。長期の場合、最初の保険料は高くても保険料が変わらないので、トータルでは安くなります。加入した時の経済状況や年齢などによってどちらにするかよく考えてから加入しましょう。

定期保険の特徴

一定期間中の死亡・高度障害のみを保障するもので、満期保険金はなく、解約返戻金はないに等しいので一般的に掛け捨てと呼ばれる代表的な物です。定期保険は、同じ死亡保障を目的とした終身保険、養老保険よりも保険料が安いのが特徴で、保険金額が同じ場合、短期間のものほど保険料はやすくなり、自動更新出来ますが、更新するごとに値上がりするのが一般的です。長期のもので期間中の保険金額が変わらないもの、保証額が徐々に増えていくもの、徐々に減っていくものなどのタイプがあります。

定期保険をお勧めしたい人

死亡時、家族の生活費を保険金で残したい人

ただし、終身保険と違って保障期間が限られている事を忘れない様にしてください。

できるだけ安く死亡保障を買いたい人

定期保険は死亡保障のための一番安い保険なので、保険料を出来るだけ安くおさえたい人に向いています。ただし、やはり保険期間が限られている事に注意してください。

一定期間のみ保障が欲しい人

生涯保障の必要がなく、一定期間のみ保障が欲しい人に向いています。保険期間も自由に設計出来ますが、長期の「定期保険」は個人向け販売を行っていないので、全労済、通販保険、外資系保険会社などにあたってみましょう。

保障と貯蓄を別で考えたい人

保障は保障、貯蓄は貯蓄と別々に考えたい人に向いています。保険料が安いため、その分貯蓄に回せます。

定期保険をお勧めしたくない人

解約返戻金や満期保険金が欲しい人

定期保険には満期保険金がなく、長期の場合は解約返戻金が支払われるものもありますが、短期のものは支払われないので、解約返戻金が欲しい人には向いていない保険です。

掛け捨て保険が嫌な人

定期保険は掛け捨て保険なので、掛け捨てが嫌いな人には向いていません。

保険で貯蓄を兼ねたい人

掛け捨てなので、貯蓄を兼ねて保険に入りたい人には向いていない保険です。終身保険や養老保険、または生存給付金付きの保険をお勧めします。

死亡保障が一生涯欲しい人

一定期間で保障が切れてしまうので、葬式代や相続税対策の資金作りが目的の人には向いていません。一生涯の保障が欲しい人は終身保険がお勧めです。

生命保険資料請求

*このサイトは、2006年度現在の情報を元に、運営者が制作したものです。