〜目次〜
がん保険の目的と加入のポイント
がん保険の特徴
がん保険をお勧めしたい人
がん保険をお勧めしたくない人

がん保険の目的と加入のポイント

がんで入院、手術を受けた時の費用を保険で確保するのが目的で、がんにならなかった場合はほとんど掛け捨てとなる保険です。がん保険に加入する際にはいくつかのポイントがあるのでおさえておきましょう。

医療保険とがん保険、どちらが保険料が安い?

保障をがんに限定しているので、同じ入院給付金額であれば医療保険と比べてがん保険の方が保険料が安くなります。

免責期間とは?

がんと診断された時点で、一時金である診断給付金が受け取れる場合もありますが、がん保険にはがんと診断されてから保険に加入するのを防ぐため、責任開始されるまでに3ヶ月あるいは90日ほどの期間が設けられています。これを免責期間といい、病気を隠して加入した場合給付金がもらえないだけでなく、告知義務違反として契約解除されます。

※すでにがん保険に入っている人の見直しポイント

保障期間は終身なのか?

がんになる確率は年齢が上がると共にその確率も上がってくるので、終身保障も付いているのが望ましいです。今入っているがん保険には終身保障が付いているかを確認するのも見直しポイントの一つになります。

医療保障はあるか?

がん保険はその名の通りがんの場合のみの保障なので、一般のケガや入院保障の対象となる医療保険は、1日5000円程度のものに1つ入っておきましょう。

スポンサードリンク

がん保険の特徴

医療保険の一種であるがん保険は、保障対象をがんに絞っているので少ない保険料で高い保障を確保出来ます。さらに医療保険では入院日数の通算730日か1095日など制限がありますが、がん保険の入院給付金支払日数は無制限になっています。しかし、注意しなければならないのは保険期間が終身である場合、保険料も生きている限り払い続けなければなりません。がん保険には3ヶ月または90日間などの免責期間があり、がんと診断されると診断給付金が受け取れるものもあります。

がん保険をお勧めしたい人

がんに対する保障を手厚くしたい人

日本人の死亡原因のトップはがんです。そしてがんになりやすい家系だったり、特にがんに保障を手厚くしたい人に向いている保険で、医療保険などにプラスしてがん保険に入るのがお勧めです。

医療保険の保障を手厚くしたい人

死亡保障はいらないけれど医療面での保障を手厚くしたい人に向いて言います。医療保険には収入などにより加入出来る上限がありますが、がん保険はそれと別に加入出来ます。

がん保険をお勧めしたくない人

がんにはならないと思っている人

がんにならなければ、ほとんど掛け捨てになってしまうのでがんにならないと思っている人には向いていません。

保険は基本的なものだけに絞りたい人

必要な死亡保障や医療保障に追加して入るのががん保険なので、保険は基本的なものだけにしたい人には向いていません。

生命保険資料請求

*このサイトは、2006年度現在の情報を元に、運営者が制作したものです。