〜目次〜
こども保険の目的と加入のポイント
こども保険の特徴
こども保険をお勧めしたい人
こども保険をお勧めしたくない人

こども保険の目的と加入のポイント

子供の教育費を貯める事が一番の目的で、それと同時に子供が成人して独立するまでの親の死亡保障にも備えます。こども保険に加入する際にはいくつかのポイントがあるのでおさえておきましょう。

大学入学時に保証金額はいくら受け取れるのか?

18歳の時点で受け取れる保証金額がいくらなのかを把握し、その保険だけでは不足する場合は別に積立をする必要があります。

必要以上の保障がついていないか?

親の保険が十分な場合、育英年金など余分な特約は不必要です。いらない特約があったら解約しましょう。

※すでにこども保険に入っている人の見直しポイント

満期はいつ頃なのか?

大学在学中の保険料の負担もなくなり、大学入学時に沢山保険料が受け取れるという理由で18歳満期がお勧めです。それ以降も保障が欲しい場合は、父親の保険で補いましょう。これは今入っているこども保険をもう一度見直してみる必要があるポイントの1つです。

保険金額は十分だろうか?

大学入学時には準備金として300〜500万円は用意したいので、こども保険だけでまかなえるかどうかのチェックが必要です。不足する場合は、別で積立貯蓄も必要になってきます。

祝い金の据え置きが出来るのかどうか?

小学、中学、高校入学時に祝い金が受け取れるタイプが主流ですが、この時祝い金を受け取った場合、大学入学時に受け取れる保険金が少なくなってしまうので、祝い金は18歳まで受け取らずに据え置く事が理想的です。据え置きが出来ない保険会社もありますが、それ以外は大体据え置き期間に応じて利息が付きます。今、入っている保険の祝い金が据え置きタイプなのか確認して、保険を見直す必要があります。

スポンサードリンク

こども保険の特徴

貯蓄機能のある養老保険、死亡保障の為の定期保険、保険期間内の途中で給付金が受け取れる生存給付金特約などを組み合わせて作られているのがこども保険で、基本的な仕組みは同じですが保険会社によって組み合わせ方は様々です。
基本は保険満期(18歳、22歳など)に満期保険金が受け取れる他、小学、中学、高校入学時に祝い金(保険金)が受け取れるので、入学準備金にもなります。保険期間中に契約者(普通は父親などの保護者)が死亡するとそれ以降の保険料は払わなくてよくなりますが、祝い金、満期金は予定通り払われます。ものによってはそれにプラスして育英年金が払われる保険もあります。しかし保障が大きいほど利回りは悪くなり、予定利率が落ちた現在、払った保険料よりもらう保険金の合計が少なくなってしまう保険が多いので、できるだけ利回りを大きくしたいなら保障はなるべく小さいものを選択しましょう。

こども保険をお勧めしたい人

安心して保険で貯蓄したい人

保険の場合、毎月保険料が自動引き落としされるので貯金の苦手な人に向いています。

父親の死亡保障不足を補いたい人

子供が生まれると保護者(普通は父親)の死亡保険を増やす必要がありますが、こども保険で補足したい人に向いている保険ですが、育英年金のみで十分か検討してから加入しましょう。

終身保険をお勧めしたくない人

なるべく高利回りで積立をしたい人

普通の貯蓄に比べてこども保険は、保険料の一部が死亡保障などの掛け捨て保険料になるので、満期金は積立た全額が受け取れる訳ではありません。利回りを考えて学費資金作りをしたい人には普通貯蓄がお勧めです。

父親の死亡保障が大きい人

こども保険には必ず死亡保障が付いているので、父親がすでに大きな死亡保障を持っているならが重複してしまいますので、こども保険はお勧め出来ません。普通に貯めた方が賢いでしょう。

生命保険資料請求

*このサイトは、2006年度現在の情報を元に、運営者が制作したものです。